風俗求人では分かりにくい待機部屋

デリヘルとは無店舗型ヘルスの一種ですので、お店にプレイルームがありません。そのため、お客さんとのプレイはラブホテルやレンタルルームで行われますが、指名を待つデリヘルの女性はお店の用意した待機部屋で待機をしています。待機部屋には集団待機と個室待機の2種類がありますが、それらにはどういった違いがあるのでしょうか。

集団待機とはその名前が示す通り、事務所兼マンションの一室で待機をします。もちろん集団ですので、そのデリヘルに出勤している女性の全員がその部屋の中にいるのです。しかし、デリヘルとは特殊な仕事環境であることから、女性同士がコミュニケーションをとることはほとんどありません。そのため、待機部屋に居づらさを感じる女性もいるでしょう。

さらに、タバコの問題もあります。分煙されている待機部屋であれば問題ありませんが、待機部屋によっては分煙がされていない場合もあるので、タバコが苦手な女性にとって厳しい環境になるでしょう。

個室待機であれば、そういった心配はありません。個室待機はネットカフェのようにパーティションで仕切られた個人スペースが用意されており、そちらで待機をします。そのため、周囲の女性に気を遣う必要がありません。

多くの女性は個人待機のデリヘルの方が待機しやすいものですが、どうすれば個人待機の風俗求人を見つけることが出来るのでしょうか。こちらでは、個室待機のデリヘルの探し方や個室待機のメリットについて解説致します。

風俗求人では分かりにくい待機部屋